これでOK!!WordPressでの Google Maps Engine挿入法

  • Grateful Days
main

 

Google Maps Engine (lite)

 

Googleマップが新しいバージョンに変更され、使い方も変わりました。

新しいに特徴より地図をシェアする事がもっと簡単になりました。ですが、まだシェアする方法を理解していないWordPressのユーザーは多いと思います。

シェアの仕方を調べるとGoogle Maps Engine と言う新しいツールを見つけました。

 

この記事ではwordpress ページにGoogleマップを挿入する方法をご紹介したいと思います。

まずはシェアする前に地図を作ったり、新しい機能を少し試してみましょう。

 

基本地図の作成

最初に以下のリンクを開きましょう。

 

https://mapsengine.google.com/map/‎

 

このページからgoogleアカウントでログインしてください。

0

 

「新しい地図を作成」をクリックすると画面の左上にボックスが開きます。まずは「無題の地図」と「無題のレイヤ」を編集しましょう。

1

 

「無題の地図」をクリックして地図のタイトルを付けましょう。

その下に他の情報を記入するスペースもあります。

2

 

同じ方法で「無題のレイヤ」にもタイトルを付けましょう。

3

住所のインポート機能

「無題のレイヤ」の下にある「インポート」をクリックすると「インポートするファイルの選択」というウインドウが開きます。

その中で「アップロード」タブから「パソコンからファイルを選択」をクリックして自分の住所リストを選んでください。

今回はMicrosoft Ecxelファイルを使います。

 

マニュアルで場所などを入れる方法もありますが、今回はこの新しい機能を使ってやってみましょう。

 

4

 

ファイルが読みこまれたら、Ecxelファイルの住所のカテゴリーを選んでください。

5

 

続行をクリックして、その住所の場所名を選びましょう。

6

 

場所にポイントを付けることができました!

7

地図のスタイル

ボックスの下にある「基本地図」をクリックすると地図のスタイルのウインドウが開きます。そこで自分の好きなスタイルを選びましょう。

8

 

マークのスタイル変更

左のボックスにある場所リストにマウスを合わせる色を変更するウインドウが開きます。

また下にある「他のアイコン」を開いて好きな形を選ぶこともできます。

9

 

ルート設定

検索バーの下にある二重矢印のアイコンの「経路を追加」をクリックすると経路のレイヤAとBが表示されます。AとBのポイントに住所を記入してください。

 

するとルートが表示されました!

10

 

シェア機能

画面の右にある 「共有」ボタンをクリックしましょう。
そこで「非公開 – 自分だけがアクセスできます」の ステータスを変更しましょう。

11

 

「ウェブで一般公開」を選んでください。するとこの地図のURLを共有する事が出来ます。

n1

WordPressへ挿入

左のボックスでフォルダーのアイコンをクリックして「自分のサイトに埋め込む」をクリックしてください。

12

 

開いた画面にあるHTMLコードをコピーして

13

 

自分のWordPresポストへページでコピーしたHTMLコードを入れてください。

このとき、必ず「テキスト」のタブで入れてください。

14

 

まとめ

使ってみて、新しいGoogle Maps Engineで簡単にシェアができることも便利ですが、住所のインポート機能はもっと便利だと思いました。

以下は今までの作業からの完成品です。

次回は他のGoogle Maps Engineの機能もご紹介します!

では!

Comments

comments

  • Grateful Days

About author

フェルナンド

フェルナンド

ブラジル生まれ、ブラジル育ち、安土桃山時代マニア。AIESECを通じて、グレイトフルデイズを知り、初のSkype面接から、わずか1週間ほどで、ブラジルから、訪越。エンジニア、クリエイター、プランナーの顔を持つ秀才。英語、日本語に引き続き、ベトナム語勉強中。

関連する記事

Return Top