ITについて何も知らない僕がベトナムのIT企業に来た理由

  • Grateful Days
飛行機

はじめまして!グレイトフルデイズ株式会社にインターン生として参りました、横山侑紀(よこやま ゆうき)と申します。

慶應義塾大学法学部法律学科の2年生です。よろしくお願いします!   僕はITベンチャーのインターンシップに参加しているのに実は、、、      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ITにまったく興味なかったんです。

 

 

だってITってなんか難しそうなイメージあるじゃないですか?? パソコンを使って数字をカタカタ打ってるイメージがあって、 数学が嫌で法学部に入った僕からしたら遠い世界でした。

 

 

クエスチオン

 

 

 

 

 

そんな僕が何故ITベンチャー、しかもベトナムでインターンをしているのか。

 

 

それは一言で言うと、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「可能性」です。

 

 

 

まず一つ目はITの将来的な可能性です。

今世界中でスマホの使用率があがっていますよね?日本の電車に乗っていると、たくさんの人がスマホを見ながら通勤、通学しています。 より多くの人がネットに手軽につながる時代が来ています。この時代のビッグウェーブに乗るしかないです。

 

二つ目にベトナムの可能性です。

ベトナムはまだ発展途上国ですが、急速に経済が成長しています。多くの若い企業家たちがこの国に集まっています。ベトナム、アツイです。

 

三つ目に自分の可能性です。

僕がインターンをしているグレイトフルデイズはベンチャー企業です。ベンチャー企業は大企業と比べてインターンシップ生にかなり自由な裁量が与えられます。そこでものすごい功績をあげたらもうめっちゃ自慢できます。自分が直接会社の売り上げに貢献できるかもしれないなんて、すごいことだと思いません??  

 

 

 

 

でもお前ITとかよく知らないんでしょ??

 

 

と思われてるかもしれません。その通りです。 でも、そんなの関係ないんです。会社の人たちも文系の方がたくさんいます。 エンジニアとかじゃなければあんま関係ないと思います。

それに、自分のが言ったんです、、ベトナムのIT企業に行け!と。。

色々インターンに来た理由はあるのですが、結局最終的にはが決めることだと思います。

あんま深く考えないで、行きたい!と思ったら行っちゃえばいいです。

 

かのスティーブジョブスが2005年のスタンフォード大学の卒業式にこんなことを言っています。

 

“Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.”-Steve Jobs   http://news.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html

 

英語が得意な僕なりの解釈をさせてもらいますと、 “他人の意見に自分に内なる声が沈められないように。自分の心と直感に従う勇気を持つように。それらはどうゆうわけか自分が本当に欲しいものを知っています。それ以外のことは二の次です。”   といったところですかね。

 

というわけでもしこの記事を読んで、何か心が動いたらその心にしたがってください。 ベトナム来たかったら来ちゃってください。ITベンチャー入りたかったら入っちゃってください。

自分の心に従うように!

 

Untitled-1

左    ベトナム人の友達            右     僕

 

よろしくお願いします。

Comments

comments

  • Grateful Days

About author

yokoyama.yuki

yokoyama.yuki

はじめまして!大学二年生のインターン生です。長い間海外に住んでいたので、色々な国に行くのが好きです。将来は世界を舞台に仕事がしたいです。

関連する記事

Return Top