ベトナムに来て3日!ホーチミン在住の日本人留学生を探しに大学へ行ってみた!

  • Grateful Days
university3

こんにちは!インターン生の左右田です!

今日はベトナムに来てすぐに、僕らが始めて行ったミッションについて紹介します!
そのミッションとは“現地大学で日本人学生を探し出し、イベントに招待すること”です!

 

今回は、グレイトフルデイズ株式会社主催の『ベトナムで活躍する日系企業の社長・役員が語る就活とは?』というテーマのイベントで、ベトナムにいても就活について知ることのできる絶好の機会です!
そして、ホーチミンにいる日本人学生をいかに呼び込むか?が成功のカギになります。
同じ時期にインターンシップを開始した長尾君と一緒に、行動を開始しました。

 

 

インターネットで調べると、ホーチミン市で日本人留学生が多く在学している大学は、ホーチミン市人文社会科学大学とホーチミン市師範大学の2つあることが分かりました。
ホーチミン市人文社会科学大学は、ベトナムの国立大学でベトナム語学科をはじめ日本語学科までもある有名な大学のようです。
そこで僕たちはホーチミン市人文社会科学大学へ行くことにしました。

 

会社からタクシーで約15分、ホーチミン市の街中にやって来ました!

walk

ものすごいバイクの量と交差点での渋滞は、街中のほうがすごい気がします。

事前に調べたケータイのマップを頼りに歩いても、なかなか目的地は見つかりません…
しかも看板がほとんどすべてベトナム語表記なので読めない><
ここは小学校でした(写真下)

elem-3

 

道端の店の店員や通行人に道を尋ねつつ進んでいくと、

 

Untitled-8

 

大学生くらいの学生が多く集まっています!
ここが目的地の大学です!
university3

とりあえず大学の事務室を探そうと、数人の学生に声をかけると日本語学科を紹介してもらえました。

 

日本語学科なので日本人学生ではなく日本人の先生が在室しているかと思いきや、その先生は授業中で不在でした。
教室の前の掲示板には、日本語にちなんだ掲示物がいくつか貼ってありました

 

作戦を切り替え、日本人学生の友達探しを始めました。
「日本人の友達はいますか?―いいえ、いません。」
そりゃ数も少ないんだから見つかるのも難しいか…

 

こんな会話を何回も繰り返していたときに、こちらの女子学生(写真中)が一緒に探してくれると言ってくれました。
Untitled-3

その子に連れられて行ったベトナム語学科の事務室は英語も通じて、海外からの留学生との関わりもありました!
事務室にビラを置いてもらうのと併せて、事務室の人に日本人留学生の連絡先を教えてもらえないかを頼んだところ、一人の連絡先を教えてもらいました。

Untitled-32

 

連絡先を教えてもらって出会えた、こちらの日本人の方(写真左手前)はベトナムに何回か留学に来ていて、今回は長期間の留学を兼ねて講師の立場で大学に在籍しているとのことでした。
その友達のベトナム人学生のこの方(写真左奥)は、何と日本に留学経験があり、しかも僕と大学まで一緒という、ベトナムに来て日本の地元トークができるとは思いもよりませんでした(笑)

 

 

結果として、彼らの大学の友人を紹介してもらい、口コミでイベント内容を広めていく作戦に落ち着きました。

 

今回の訪問で分かったのは、ベトナムの日本人留学生は、それぞれの友達同士の付き合いでつながっているのが多いことでした。
また運の悪いことに、後期の授業が始まる関係で多くの日本人留学生が帰国してしまった後とのことでした…
もう少し早い時期に広報できていれば、もっと多くの人に知ってもらえたかも しれませんね!

とはいえ初めての大学訪問は、ベトナムと日本双方の親切さに助けられ無事に終わりました!

 

 

さて、待ちに待ったイベント当日です!

 

イベントの当日は、大学でのプロモーションや口コミでの紹介が功を奏し、20名ちかくの人に参加してもらうことができました!留学生やインターン生同士でも知り合いができるなど、新しいつながりもできました!

Untitled-93

参加者同士での会食は、グレイトフルデイズの専属シェフがこの日のために日本式のカレーを始めとして用意したものです!

curry

(写真上)現地滞在が長い方は、日本のカレーにとても喜んでいました。

 

会食を終えてからは、グレイトフルデイズ代表や執行役員とのパネルディスカッションです。パネルディスカッションのテーマは学生が用意してきており、ベトナムへ進出する苦労や、代表らが20代のときにやっておけばよかったこと、起業する上で気をつけるべきことなどなど、とても貴重なお話の連続でした。

discussion

 

この2時間の時間で、代表らの普段聞けない話も聞くことができ、イベント終了時には参加者一同満足した表情でした。
僕たちは大学での人集めなど少しのことしかできませんでしたが、このイベントに携わることができ、また参加してくれた方に喜んでもらえたのはとても嬉しかったです!

 

all

 

最後になりますが、お越しいただいたみなさま本当にありがとうございました!
ぜひ次回の機会がありましたら、ご参加ください!

Comments

comments

  • Grateful Days

About author

そうだ

そうだ

ベトナムのおすすめはコーヒーです。カフェでのんびりとベトナムコーヒーを飲みながら過ごす午後は、いつまでも続いて欲しいなと思う今日この頃です。

関連する記事

Return Top