これであなたも、もっとITに詳しくなれる!?IT、コンピュータの映画6選!

  • Grateful Days
nakano-7

こんにちは!インターン生の中野です。

 

ITが一般的なものになるにつれ、最近では、「ソーシャルネットワーク」などの、ITやコンピュータをメインにした映画が多く製作されています。
 

そこで、今回はITが好きな人もそうでない人も楽しめる、ITやコンピュータがメインの映画をまとめてご紹介します!
 

IT業界のことを知れるだけでなく、コンピュータと人間との関わりについても学ぶことができ、おススメです。
もちろん、映画としても面白いものをピックアップしました!
 

 

◆ノンフィクション系

※映画なので脚色はありますが、実話を基にした、という意味です。
nakano-1

 

○バトル・オブ・シリコンバレー(1999年)

アップルの設立者、スティーブ・ジョブズとマイクロソフトの設立者、ビル・ゲイツがどのような青春時代を過ごし、会社を興し、そしてMacとWindowsを開発したのかを追ったストーリー。
この映画の原題は「Pirates of Silicon Valley」で、二人がシリコンバレーで海賊のように技術や知識を奪い合ったことからこの題がつけられています。
IT業界の2大カリスマがどのような人生を送ってきたのかを知ることが出来るので、ぜひ観ていただきたい作品です。

 

 

nakano-2

○ソーシャル・ネットワーク(2010年)

Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグらがどのようにFacebookを立ち上げたのかを描いたストーリー。
実は、Facebookはマークが彼女に振られた腹いせに作ったサイトが元になっているなど、普段何気なく使っているFacebookの歴史を知ることが出来て、とても興味深いです。
また、その成功の影にある様々なヒューマンドラマも見ものです。

 

 

◆ラブストーリー系

nakano-3
○You’ve got mail(1998年)

 

 

今、広まってきているインターネット上での出会いを描いた作品です。
小さな本屋さんを経営するキャスリーン(メグ・ライアン)と巨大な本屋の御曹司ジョー(トム・ハンクス)はインターネット上で出会い、お互いの正体を知らぬまま、メールでのやり取りをはじめました。
しかし、現実ではライバル店として喧嘩が絶えない二人の本屋経営者だったのです。
いつしか、メールで相談などを繰り返すうちに、惹かれ合っていく二人。。。正体を知ってしまったときにどうなるのか!?という話なのですが、ネット上での人間の気持ちなどが描かれており、ネットコミュニティを運営する私としても、とても興味深い作品です。

 

 

◆おもしろ・アクション系

 
nakano-4

○ザ インターンシップ(2013年)

この映画は、突然職を失った二人の中年セールスマンが、世界的大企業のGoogleのインターンシップに参加するといった内容で、話が面白いのはもちろんなのですが、なんといっても見どころは、Googleが製作に完全協力しているというところです。
一般的な企業では考えられないような会社の設備や、超奇問を出すことで有名な面接の再現など、Googleマニアにはたまらない内容も盛り込まれています。
また、完全にデジタル化された印象のIT業界でも、経験やコミュニケーション能力などのアナログ性も大切だということがよく分かる作品です。
 

 

nakano-5

 

○Wargames(1983年)

あるコンピュータ好きの高校生がいつものように、ネットをしていると、あるプログラムを見つけます。彼は、新しい戦争ゲームだと思い、プレイしようとしたのですが、実はそれは核制御プログラムだったのです。
ゲームだと思ってプレイしていたら、現実世界で戦争が進みだすという、かなりスリリングな内容の映画です。
この映画は、コンピュータの安全性について疑問が投げかけられていた時代に製作された映画で、古い作品なのですが、今見ても非常に面白いです。

 

 

◆番外編

 

nakano-6

 

○サマーウォーズ(2009年)

毎年夏になると、テレビで放送されている気がするこの映画。
何度見ても、テレビでやっていると結局見てしまいます。。。

 

内容は、世界中の人々が繋がれるネット上のアバター仮想空間、OZが何者かによって荒らされ、現実世界にまで混乱を引き起こしたのを主人公が解決していく、といったものなのですが、コンピュータ・青春・家族との繋がりなど、色々な要素が盛り込まれている映画です。

 

個人的に一番好きなシーンは、主人公が自分の家に降ってくる人工衛星の軌道を変えるために、コードを打ち、最後にEnterを押す瞬間に、
「よろしくおねがいしまあああーーーっす!」って言うところです。

 

いかがでしたでしょうか。
この記事で少しでもこれらの映画に興味を持っていただき、そして映画を観た後に、ITやコンピュータを好きになっていただければ、私もIT業界の端くれ者としてとても嬉しいです。

 

ちなみに、サマーウォーズの紹介で出てきた、アバター仮想空間、OZというのは残念ながら現実に存在しないのですが、弊社の「チャニー」というiPhone向けアバターコミュニケーションアプリはしっかり存在しますので、ぜひ遊んでみてくださいね!
 

よろしくおねがいしまあああーーーっす!

https://itunes.apple.com/jp/app/chani-abatade-you-dato-chu/id827595461?&mt=8

Comments

comments

  • Grateful Days

About author

中野海地

中野海地

こんにちは! 私はGrateful Daysで約一年間インターンをさせていただきます。ベトナムという刺激的な環境の下、色々なことにチャレンジし、その様子を皆様に伝えたいと思います。

関連する記事

Return Top